体臭の発生メカニズムと活性酸素の関係

足臭の発生メカニズムと活性酸素の関係とは

 

体臭にはさまざまありますが、とくに気になる部位は足の臭いではありまえせんか?
多くの方が気にしている足臭についてその対策をこちらのサイトで詳しく書かれているのでシェア致します。

 

>>足臭い

 

活性酸素と聞くと老化現象を起す悪者の代名詞のような印象がありますが、体内に侵入した細菌を取り除く働きや、体内で余った水素と結合して水になり外に排出するような働きもあります。

 

ではどうして活性酸素が体に悪いもののように扱われるかは、過剰に発生してしまった場合に良い部分よりも毒性が強くなってしまうからです。

 

活性酸素が過剰に発生すると体臭が発生してしまう理由は、毒性が強くなった活性酸素は体内の細胞の酸化を促進してしまう働きがあるから。

 

体内にある脂肪酸と活性酸素が結びつくと過酸化脂質という物質に変化するのですが、これが体臭のひとつの原因となっています。

 

活性酸素が増加すると増える過酸化脂質は最終的に小さな脂肪酸として体の中で分解されますが、体臭のもととなるのニオイ成分であるアルデヒドと一緒に皮脂腺から体外に排出されるので体臭が発生してしまうわけです。

 

この過酸化脂質は酸素が追加されると酸化が進むとよりひどい油臭さや青臭さを伴います。

 

活性酸素が発生する原因は老化やストレス、紫外線や過度なスポーツなどがあげられています。

 

予防方法としてはストレスを発散させることと、抗酸化効果の高いβ-カロテンやビタミンCやEを食事に取り入れるのが効果的です。

 

野菜や果物に多く含まれている成分なので意識して食べるようにすることをおすすめします。